忍者ブログ
文月あずさ@JADERINGSもしくはAzusa-Fの趣味的日常記録/不定期更新
 ブログ内検索 




http://www3.to/jaderings

短縮URL登録サイト


クリックで救える命がある。
 最新コメント 
[09/18 POT]
[07/11 POT]
[05/11 POT]
[04/27 POT]
[02/13 相馬]
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
 SNS/他日記 
Twitter@jaderings:Azusa-FのTwitter

Twilog@jaderings:日記形式Twitterログ

K家の本棚:読書&鑑賞レビューまとめ (更新中断中)

読書メーター:読書レビューSNS (更新激遅)

「小説の大部分はAIに書かせてます」――AI時代のストーリー創作術を、『428』イシイジロウ×『刀剣乱舞-ONLINE-』芝村裕吏が語り合った!
http://news.denfaminicogamer.jp/interview/genso-koryu
2017/3/28公開のこの記事、ようやくちゃんと読めたよ。
(なんで学生が春休みの間に公開するのさ主婦読めないだろ!と理不尽に泣いてみたり)

電ファミの記事はボリュームありまくりで面白いので、ちゃんと読めるときに読みたいと思っちゃうので、ついつい後回しで正座待機で読みたいのです。……昼食中しか「ちゃんと読める時」がないのはご愛敬。

(でもこれだけ力作揃いだけれどもなんらかの形で魚拓らないと学術的手法による論文への引用がしづらいんだよね。消えたアーカイブはアカデミア的にはツッコミの対象なので。……とその辺の議論だけでも一ネタ書けてしまうし今日の本題じゃないので)

あああ無明世界観極めてぇえええ、と叫びたくなるような気分ではあったりするが、それはさておくとして。
ガンパレのあの「キャラクターが好き勝手している」感覚は、あの当時は本当に新鮮だったなあ、とふと思ってみた。

でも、「世界観」論議についてちょっと一つ。
確か大塚英志さんが「世界観という言葉を最初に言い出したのは麻宮騎亜」みたいな事を、『キャラクター小説の作り方』の本の中で言ってなかっただろうか。
手元に本がないのでかなりウロで申し訳ないのだが。

キャラクター小説の作り方 (星海社新書)

大塚 英志 講談社 2013-10-25
売り上げランキング : 178193

by ヨメレバ
(まぁ私が読んだのは確か講談社新書版だった気がするので、上↑で引用した奴で増補されてたらどうなってるかわからない。今まだ手元にあったかなあ。それとも埋まってるかなあ。うっかりロストしたかなあ。持ってはいたはず)

あとは『妖魔夜行』あたりのTRPG的なシェアードワールドに言及するかなあとも思ったけど、そこに言及がなかったのも、実はちょっと物足りなさを感じてみたり。
『Aの魔法陣』も作ってる芝村さんが、そっち方面を知らぬワケはないだろうなあとは(勝手に)思うのだけれども、別口の宣伝記事としてのスタンスが強いから出せなかったかなあ。
そこら辺ヌキでまたトーク見られたらいいなあ、と思った特集記事ではありました。

あと、「GM(ゲームマスター)のAI化と、プレイヤーのAI化って別物」「GMによって物語が生成していくことは、もうAIによってほぼできる」(共にP2)は、なんか刺さった。というか腑に落ちた。
多分ゼノブクロがゼノブレほどのストーリーの充足感をもたらさないと言う感想を抱く人が多いのは、きっとその辺りなのかもしれない、とぼんやりと思う。『社長が訊く』からの推測もあるが、あくまでぼんやり。
(まぁ全然進んでない自分はまだ口をつぐむべきなんですけどな)


そういえば。
「世界観を天地創造から神話的に捉えるのがファンタジーで、世界観をエネルギー問題から捉えるのがSF」というような主旨のツイが昔あって、思わずふぁぼに入れておいたように思うのだが見つからず。もう消えちゃったかなあ。
PR

うぇええ何年かかってるの~、と怒られそうな鬼遅ペースですんません。
DSプレイでどこでもセーブ出来るゲームのペースじゃないだろこれわ。

一週間にソーマゲート1個分も進めないとかザラだとこんなもんです。

今年の夏休み前はちょっと頑張った。でも夏休み後はかなり停滞した。
ようやく時間が出来てさぁやるかと言うところで家族が体調崩したり自分がポンコツになってそれどころじゃなくなるというパターンがかなり多かったようには思います。特に後半。

でも10周年になる前に終わってホント良かったっす。(※2008年発売)
そもそもこの報告すら2週間以上遅れだけどな!(←威張るな)

ていうかNORMALのみです。EXストーリーまだ手つかずなので、一緒に遊べる人カモン!
(と今更だしそもそも自分が自由に出歩けない時点で他に一緒プレイ出来るの旦那くらいなんだけどな~旦那も停まっていそうな予感あるある)

とりあえず、子供とプレイ出来る日を願って、新規プレイで支援系ガンナス作ろうかな、という野望はあります。
他にもいろいろ停まったり積まれたりしてるものがあるので、まずはそれから。

ちゃんと感想書きたいけど、それすらタイムアップだわ~。

とりあえずブログの保守がてら。下手すると年内投稿ラストかも。
それでは。
あまりにも、あまりにも早すぎて、唐突すぎる別れに、言葉もないくらいです。

ZABADAK、そして吉良さんサウンドとの出会いは、一応高校に遡るのだけれども、その頃は友達が好きだ~ってさんざん聴かせてくれたのを聞き流してるくらいで、「あー、確かに●ちゃんこういうの好きだよね」って程度だったんだけど。
その存在が大きくなってきたのは、間違いなく、ゼノギアスのアレンジアルバム、CREIDが原因だと思う。
のれん分けしたハズの上野さんと吉良さんが一緒のアルバムに出てる、っていうのがまずビックリだったのだけれども、ギターのノリが良くって(ブズーキの事は知らなかった当時(汗))、なんとなくああいいな~と思ったのね。
今更だけど~ってアルバムも手を伸ばしたりして。
ちょうど光田さんのサイト(プロキオンスタジオ)の方にもインタビュー記事載っていたりして、じんわりじんわり、吉良さんのサウンドが好きになっていたんだよな~。

次に存在をすごく感じたのが、やはり光田さん繋がりで『kiRite』。
これ、ちょうどゼノオンリー合わせの合同誌をゼノ友数人巻き込んで企画してた頃だったんで、その打ち合わせついでに~って、2005年6月に大崎駅直結マンション・ゲートウェイ大崎のアトリウムで行われていたkiRite発売記念の無料コンサート聴きにいったのよね。
生の吉良さんの演奏を聴いたのはこれが初めて。そして最後。
その時の事は過去の自分のサイトの日記に書いているんだけど、当時使っていたisweb無料サーバがサービス終わっちゃってお蔵入りになっていたので、これを期に再掲してみた。いや、ホント、あのギターは凄かった(※そしてまだブズーキの事をちゃんと認識してなかったっぽい)
河井英里さんの伸びやかなサウンドに合わせてテノールで唱和してきたビブラート、つま弾く直前の弦のきしむ音――マンションに住む人がふつーに遠巻きに歩いているようなオープンスペースであるあの場所で、あの演奏空間だけはキリテの森の、そして吉良さんが生み出す渦の中だった。光田さんの曲なのに、でも、なんか吉良さんの独壇場だった(笑)。
そこに『Pain』の生演奏だもんね。光田さんがナムコのモノリス作品に二度と関わらなくなるかもしれないって思い込んでいた頃合いだったもんね。ホント、あの時の事は今でも忘れられないし、未だに涙腺緩んでしまう自分に驚いてる。
終わった後、ゲートウェイ大崎にあるどこぞのレストランで打ち上げに行く後ろ姿、見かけちゃった時は、思わず声を掛けてしまおうかどうしようか悩んだくらいだった。まぁプライベートの時間だし、って引っ込んじゃったんだからオトナだったね、自分。もし、あそこで暴走して声を掛けてしまっていたら、もしかしたら何かが変わっていたかもしれない……そんな詮無いことを思ってしまう。

光田さんの記念ライブの方は、もう自由に出歩けない身になってしまったから、最初から諦めていたんだけれども。
でも、こんなことになるなら、無理しても行けば良かった。
あの音を、空間を、永遠に失うなんて、思っていなかったから。

しかし、こうしてみると、私は光田さん繋がりの吉良さんサウンドが大好きなのだから、実はZABADAKファンを名乗るにはかなりおこがましい存在かもしれないな~(笑)。
Wikipediaにも全然触れられてない吉良さんと光田さんの関係ですが、光田さんが日記で『心の師』と言っていたその絆が、多分私の中のZABADAK、そして吉良さんの音なんじゃないかな、そう思ってみたり。

これからは、遠い遠い宇宙でつま弾かれる音に、私達は、そっと耳を澄ましていくこととなるのでしょう。

ご冥福を、お祈り申し上げます。
最近のゲームの形(嘆)という比喩イラストをネットで見かけて確かにそやわーと思って旦那に見せようと思ったんだが、意外にもググってすぐに出てこなかったんで、とりあえず見た元Tweetまでなんとか辿り着いて。んでもって見せるためにとりあえず引用することにした。私個人が思うに、積み木バラバラのコマの奴はアナログゲーム(同じカタンでも木材カタンとか騎士カタンとか羊カタンとか)、コンピュータゲームは突き詰めちゃうと階段パターン、というイメージだったり。まぁゲームそれぞれで至る道はまた違ったり、またプレイする人によってもどこに萌えるかで変な縛りプレイしたりとかもあるから、一概には言えないけど。

でも、スマホゲーム=自販機は、的確過ぎてなあ……。
無課金縛りでもある程度楽しめるものならばまた違うんだろうけどね。





旦那が「『ルワンダ銀行総裁日記』はラノベ」という記事に触発されて図書館で本借りてきて「ホントだったー!」と言ってた話をつい最近思い出したので、そのついででふとペリー・ローダンシリーズって「宇宙人と最初に仲良しになった俺TUEEEEEE!」系じゃね? と思ってみたり。

とりあえず宇宙ネズミのグッキー一匹いれば全て解決するし。
トーラはツンデレだし。結局空気嫁になるし。
レジナルド・ブルはMOEEEEEEEキャラだし(※個人の感想です)

そうやって類型化すると、ほーら、最近のラノベっぽいわな。

……最近の読者が500巻もついて来れるかはさておいて(爆)



(日本語版150巻前後くらいまでは読んだかなーでも内容忘れてるなー)



 PR 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス

 カレンダー 
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 TwitterLog 
Twilog(Twitter過去ログ)

 PR 
楽天ブックスで探す
楽天ブックス


Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

Azusa-FはAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

忍者ブログ [PR]